雪月花:片品の隠れた宝

4&title

SETSUGEKKA: A HIDDEN TREASURE OF KATASHINA

片品には数えればきりのないほど多くの宝がありますが、私はまた一つ、隠れた片品の宝を見つけることができました―それは、‘雪月花’というレストランです。このレストランは、私が毎日自転車で往復している大松街道にあります。けれども、それまで私はこの隠れた場所を見つけることができませんでした。

1

2片品の村議会議員であり、女性神輿(これについてさらに読みたい方は、‘summer festival’の章をクリックしてみてください!)のリーダーでもあるちーぼーさんが、このレストランのオーナーです。雪月花は、仕事熱心な彼女が、美味しいものを食べ、お酒を飲み、皆で集まるといった、彼女自身の趣味をして過ごすための場所となっています。

 

‘雪月花’とは、日本語で雪と月、花という素晴らしい自然を意味し、片品ではそれらを十分に満喫することができます。内装は優美な和風のスタイルで、個室に分かれています。これらの個室には、それぞれ「雪」「月」「花」「風」という名前がつけられています。ここは伝統的な和食のレストランですが、ちーぼーさんの独特の個性が各所にちりばめられています。私が入口で靴を脱いでいると、すでにちーぼーさんのステレオから流れるジャズの音色が耳に入ってきました。すると着物を身にまとったちーぼーさんが、アヤと私を部屋へ案内してくれました。

3

部屋にはテーブルがセットされており、その中央には特殊な部分が設けられていました。ちーぼーさんが慣れた手つきで炭の入った熱い鉢を部屋に運び入れ、テーブルの中央へ置きました。これを用いて、彼女はとても美味しい鶏と野菜の串焼きを私たちの目の前で作ってくれました。

4&title5

67

彼女は、伝統的な日本料理だけでなく、新鮮な夏野菜のサラダやトマトシチューなど、現代風の料理も出してくれました。概して、ちーぼーさんは材料を厳選しており、例えば沖縄の海塩や‘伊達鶏’、三重県産の醤油、地元片品で育った野菜など、彼女が一番美味しいと思うものを選んで使っています。ちーぼーさんは、お客さんに彼女の料理で片品の四季を楽しんでもらおうと考えています。そのため、メニューは季節や天候、収穫の状況などに合わせて変えられています。

8

《‘伊達鶏’のジューシーな美味しさについて語るちーぼーさんの写真》

 

ちーぼーさんは、リラックスした雰囲気の中でお客さんと一緒に会話をしながらおもてなしをすることで、彼女自身の趣味を心から楽しみたいと考えています。そのため、彼女は予約客だけを受け入れています。ちーぼーさんは私たちに、雪月花を訪れた人たちが時間を忘れるような場所にしたいのだと話してくれました。耳に聞こえるジャズの音楽や、美しい和風のデザイン、日本各地から厳選した様々な味が、私たちに時間と場所を忘れさせました―私たちはすっかり片品村ではないどこかにいるような感覚にひたっていました。

9

美味しいランチやディナーを食べに訪れるには、2日ほど前に電話かファックスを入れてください。親切なオーナーさんと、美味しい料理、時を忘れさせるような雰囲気は一度訪れるべき価値があると、私たちが保障します!

 

電話:0278-58-4718

FAX:0278-58-6016

お店の場所については、トップ画面右隅の‘Map&Location(地図と場所)’をクリックしてください。

 

※こちらのサイトは翻訳されたものです。

本サイトはこちら(英語版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>