日光白根山での冒険(標高2,578m)

9&title

NIKKO-SHIRANE ADVENTURE TRAIL (2,578M)


 《ワンダーマウンテンの、日光白根山についての動画》


‘ワンダーマウンテン’の動画(丸沼高原のホームページからの引用)を見て、日光白根山の美しさに感動してみてください!

 

日光白根山は、北関東でもっとも高い山です。この火山は群馬県と栃木県の間に位置し、日光国立公園の一部でもあります。日本百名山の一つにも数えられる日光白根山の頂上へ行くには、2つのルートがあります。

1

ルート1:

丸沼高原からスタートし、標高1,400mの地点から2,000mまでをロープウェーで上ります。景色の素晴らしいロープウェーの乗車賃は、往復で1人1,900円です。ロープウェーを降りると、そこには素晴らしい景色だけでなく、ロックガーデンや白根山神社、温かい足湯(天空の足湯)、レストランなどの楽しい施設があります。けれども、そこで腰を下ろして休憩する前に、日光白根山の頂上への冒険を始めるべきでしょう。このルートは、弥陀ヶ池で《ルート2》と合流します。ロープウェーの駅から標高2,578mの地点までは、往復で約5時間ほどの道のりです。

2

ルート2:

ハイキング好きな人には、こちらのルートがおすすめです。このルートでは、菅沼から歩いて山を登ります。はじめは森の中の比較的平らな道を歩きます。しかし間もなく道は上り始め、最初の4kmは森の中をずっと登っていきます。

3

4

5

高地の小さな‘弥陀ヶ池’という湖で、ロープウェーの駅から来るルートと合流します。ここから、この登山で最も険しい坂が始まります。頂上の標高2,578mの地点に辿り着く最後の数メートルは、手を使わないと登れません。晴れている日には、この火山からの眺めは息を飲むほど美しいです!山や湖、草地、森に富んだ日本の風景を360°楽しんでください。この火山の頂上にはテントを張れる場所もあり、そこで一晩過ごしながら満天の星空をより近くで楽しむこともできます。

6

7

8

9&title

10

11

雲の中を上っていくと少し寒いので、上着を持っていったほうがいいですよ!小さな火山岩で足首をひねらないためにも、履きなれた歩きやすい靴で行くこともおすすめします。

12

13

火山岩で覆われた曲がりくねったルートは、山の東側を下っています。黄色い高原の花々や神秘的な森の中を抜けるこのルートを通るのを、私はおすすめします。

14

15

16

17

18

19

日光白根山には、予期せぬ雷などが発生した時などに無料で利用することのできる、ベッドや毛布の用意された山小屋もあります。この小屋を通り過ぎ、開けた高原の草地を歩き続けると、五色沼に辿り着きます。

20

21

22

‘五色沼’とは、5つの色をした沼という意味なので、ぜひこの沼のきらきらと輝く水の中に、様々な色を見つけてみてください。そしてその後このルートは弥陀ヶ池に戻り、菅沼へと山を下ってゆきます。

23

24

全長約8km、標高差800mのこの登山は、5時間ほどかかりましたが、地点ごとにとても個性があって変化が多く、一定のペースで歩くのが好きな私もとても楽しむことができました。

25

日光の山々には、他にも訪れてみるべき場所がたくさんあります。この地域を数日かけて散策する人もいるほどで、今回の登山は数あるうちの1つの例に過ぎません。

26

勇気を出して冒険をして、この美しい世界に感動してみてください―片品村にはたくさんの見所がありますよ!

さらに詳しい情報や、ハイキングマップはこちら:

http://www.marunuma.jp/nature/hiking/

 

※こちらのサイトは翻訳されたものです。

本サイトはこちら(英語版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>