お食事と休憩に、かたしなや

2&title

FOOD&REST* KATASHINAYA

かたしなやはとても親切で居心地の良いレストラン兼おみやげ屋さんです。かたしなやは鎌田という片品村の中心部にあり、ちょうど私のオフィスと鎌田のバス停の向かいにあります。尾瀬国立公園や日光・丸沼に行くときにはこの横を通るので、ちょっと寄って休憩するのにもってこいの場所です。けれど、決してこれは観光客向けの施設というだけではなく、たくさんの地元の人も食事をしたり、買い物に来ています!

1

2&title

朝の9時から10時頃にかたしなやを訪れると、その日の朝に収穫したばかりの新鮮な朝取り野菜を持ってくる農家の方々に出会うことができます。かたしなやは毎朝多くの農家から新鮮な野菜や果物を仕入れており、かたしなやで自家製品を販売している人は70人にまでのぼります。そのため、大根やトマト、レタス、きゅうり、キャベツ、ブルーベリーなどの、地元産の新鮮な野菜を買うのにとても良い場所なのです。

3

《片品の特産品、大根の写真》

4

《片品特産のきのこ(舞茸)の写真》

5

《えごまの写真-「えごま」という、独特の種類のごまを買ってみてください。(地元の人は「いぐさ」と呼んでいます。)私はこのえごまドレッシング(560円)を毎日食べていますが、サラダの味を一層引き立ててくれます。かたしなやでは、甘いえごま味噌のソースをかけたアイスクリームも提供しています。》

『大白大豆』という、地元産の大豆に注目してみてください。これは豆腐や味噌、コーヒーの材料に使われており、これらはかたしなやでも販売しています。ここではその他にも、陶器やアクセサリー、りんごの花のはちみつ、ドレッシング、ジャム、ジュース、お花など、挙げればきりがないほどたくさんの地元の産品を購入することができます!

 6

《アルプホルンの写真-もし興味があれば、独特なアルプホルンも30万円で購入することができます!》

7

《ギフトボックスの見本の写真:にんにく味噌・りんごジャム・えごまドレッシング・はなまめ甘納豆》

8かたしなやは、食事やおやつ目的でも立ち寄ってみるべき場所です。そのときどきのメニューから食べたいものを選び、カウンターで注文してお金を払ってください。月曜日から金曜日には、570円の日替わりランチも提供しています。また、地元で作られた蕎麦や旬野菜のてんぷらもとても美味しいです。食事を注文すれば、プラス100円でコーヒーを付けることもできます(11:30~14:00)。けれども、ここではお茶と新鮮な湧き水をいつでも無料で提供しており、誰でも自由に飲むことができます。

甘党の人には、ケーキと好きな飲みものを選べるケーキセットもあります(420円)。しかし、かたしなやの人気ナンバーワンは、なんといっても花豆アイスクリームです(290円)。
9

《さわやかなしそジュースの写真》

私のおすすめ:かたしなやのしそジュースでのどの渇きを癒してください!しそは、赤や緑色をした葉っぱです。さしみに添えて盛られているのを見たことがあるのではないでしょうか?とても美味しいので、是非さしみと一緒に食べてみてください!赤い葉っぱはジュースを作るのにも使われていて、漬けると自然な赤やピンク色が美しい、さわやかなジュースになるんですよ!

かたしなやのオリジナル商品は、水芭蕉焼きです。水芭蕉は、尾瀬を代表する白い花です。水芭蕉焼きの中には、花豆がぎっしり入っています(120円)。しかし残念なことに、7月から8月の間は購入することができません。

かたしなやではフリーWi-Fiも使用できますし、またかたしなやのフェイスブックもあって、日々新しい情報が更新されています。もしくはウェブサイトをご覧ください:

http://katashinaya.com/

営業時間:9時~18時

お食事の営業時間:平日 11時30分~14時、休日 11時30分~17時45分

※全ての価格は税抜き表示です!

7月26日でかたしなやは2周年を迎えます。是非お祝いしましょう!

 

※こちらのサイトは翻訳されたものです。

本サイトはこちら(英語版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>